1. TOP
  2. 仕事紹介
  3. > 介護施設サービスの仕事

介護施設サービスの仕事

日々成長を実感!常に向上心を持ち、介護福祉士を目指す。特別養護老人ホーム シルバーピアかりや 介護職員/横山愛望(2013年4月入社)

Q1: 長寿会の志望理由

学生の頃ボランティアで、この施設の夏祭りに参加したことが一番最初のきっかけです。夏祭りで感じた施設の雰囲気がとても良かったので、合同説明会で長寿会のブースを訪問。介護の知識が全くない私に、施設のことや介護の仕事について気さくに話してくれて、私の不安を取り除いてくれました。事前研修や入社後研修など研修制度がしっかりしていることも、決め手の一つになりました。
入社してまだ一年ほどですが、周囲の仲間や先輩のおかげで、日々成長を実感しています。

Q2: 仕事のやりがい

ご利用者様から、「ありがとう」と言ってもらえることが何よりも嬉しいです。笑顔を見せてくれるだけで、私も自然と笑顔になります。
食事、入浴、排せつ等一つ一つの介助が、少しずつですがスムーズにできるようになってきました。その私の成長をご利用者様が感じ取ってくれて、感謝の言葉を掛けてくれます。
介護の仕事は日々学ぶことがたくさんあります。時には悩んだり、落ち込んだりすることもありますが、常に向上心を持っていれば、必ず成長できることがこの仕事のやりがいだと感じています。

Q3: 仕事をする上で大切にしていること

常に向上心を持つことを大切にしています。最近、色々とできることが増えてきましたが、決して慢心せず、よりよい介護を目指しています。介護には、これが正解!というものがなく、ご利用者様の個性を尊重して、一人一人に合った対応が必要です。今はまだ目の前のことで精いっぱいで、相手の反応や周りに目が行き届いていないことがあるので、もっとスキルを高めてご利用者様に喜んで頂きたいです。そしてゆくゆくは介護福祉士の資格を取得したいと考えています。

長寿会のココが魅力!

『長寿をたのしむ』という基本理念。シンプルな言葉ですが、介護をする上で最も大切なことだと感じています。個性を尊重し長寿をたのしんでもらうために、長寿会は従来型特養、ユニット型特養、有料老人ホーム、デイサービスなど様々なサービス事業所を展開しています。

 

感謝の気持ちを忘れずに、一日一日を大切にしたい。特別養護老人ホーム シルバーピアかりや 介護職員/栗山佳子(2010年4月入社)

Q1: 現在の仕事内容

ユニット型の特別養護老人ホームで介護職員をしています。食事、入浴、排せつ介助等、ご利用者様の日常生活を全般的にお手伝いしています。
入社して間もない頃は、自分自身の介助スキルの向上を目標にしていましたが、スキルが上がるにつれて、同時に難しさ、奥深さを痛感。人それぞれ個性が違いますし、長期的な視点でご利用者様の「自分らしい生活」を考えることが大切であると感じています。約4年間の経験を経て、仕事に対する視野が広くなり、目指す介護士像も明確になりました。

Q2: 仕事をする上で大切にしていること

いつどんな時でもご利用者様に感謝する気持ちです。私たちの仕事は、生きていく上で欠かせない大事なお手伝いです。その意義をしっかりと考え、やりがいある仕事ができることに感謝しています。特に大変な時や忙しい時こそ、意識的に心掛け、自分の都合を優先してしまわないように気を付けています。
この施設で最期をむかえるご利用者様もいらっしゃいます。後悔することがないよう、一日一日を大切に、常に感謝の気持ちを持って仕事に臨んでいます。

Q3: 印象に残っているエピソード

入社後グループホームで研修していた時、日々のレクリエーションに参加されないご利用者様がいて、いつ声を掛けても頑なに拒否されていました。それでも、本当は参加したいのに遠慮しているように感じたので、毎日毎日根気よく誘い続けました。するとある日、ご利用者様から「私も参加したい!」と声を掛けてくれたんです。きっとその方にとっては、すごく勇気がいることだったと思うんです。その一歩を踏み出してくれたことがとても嬉しくて、今でも鮮明に覚えています。

長寿会のココが魅力!

外部研修など、介護について学べる機会がたくさんあること。外部研修では介護に必要な知識や、介護のあるべき姿について、専門家から話を聞くことができますし、研修に来た他の施設の職員とお話ができるので、普段の仕事の中では中々気づけない発見があります。

 
↑ページのトップへ